予防診療について|太白区・東中田で歯科をお探しの方は菅野歯科医院まで

時間 日・祝
9:00~13:00
14:30~19:00

休診日:木曜・日祝
月曜午後・火曜午後・金曜午後 : 14:30〜18:00
※祝日のある週は木曜も診療を行います
月に1回、第3または第4日曜日13:00~19:00に矯正専門医による診療を行っております

〒981-1107
宮城県仙台市太白区東中田5-5-35

  • 予約制
  • 各種保険取扱
  • 電話
  • メニュー

お口の健康は全身の健康

太白区・東中田・菅野歯科医院・お口の健康は全身の健康

あなたの歯は何歳になっても守ることができます

予防歯科は、歯をむし歯や歯周病から守るための取り組みです。
昔は「歯科医院は痛くなってから行くところ」というのが常識でしたが、それでは歯の耐久性や見た目の美しさを守ることができないことがわかってきました。
また、お口の中の健康を維持できていれば、高齢になっても自分の歯を守ることができるということも明確になりました。
歯をいつまでも健康に守るための秘訣は「毎日のケア」と「定期的な歯科医院でのプロケア」です。
どちらか一方では成り立たないため、患者さんと歯科医院が一緒になって「歯を治療する」から「予防する」への意識改革を進めていきましょう。

本当は怖い歯周病のお話

歯周病がもたらす体の病気

太白区・東中田・菅野歯科医院・歯周病がもたらす体の病気

歯周病は成人の8割がかかっている国民病です。 進行すると歯を支える骨を溶かして歯を失う原因になることはもちろん、近年では心疾患、脳血管疾患、動脈硬化、誤嚥性肺炎、糖尿病、早産・低出生体重児、骨粗しょう症、肥満などが歯周病の起因となることもあれば、全身疾患によって歯周病が発症したり悪化するケースも報告されています。 単にお口の健康を守るためだけではなく、全身の健康も予防・改善させていくためにも歯周病の早期予防・早期治療が大切なのです。

歯周病がもたらす体の病気
  • 糖尿病の悪化
    太白区・東中田・菅野歯科医院・糖尿病の悪化 糖尿病は食べ物の糖分が体内に吸収されにくくなり、血液中に糖分が溜まってしまう病気です。歯周病は糖尿病の合併症といわれ、多くの糖尿病患者がかかっていることがわかっています。糖尿病は歯周病に罹患させ、また、歯周病による炎症性物質が糖尿病を悪化させてしまうといった、負のループになるのが特徴です。
  • 肺炎
    太白区・東中田・菅野歯科医院・肺炎 肺炎は、日本人の死因の第4位であり、亡くなる方の90%以上の人が65歳以上の高齢者です。 さらに、肺炎の年齢別死亡率は70歳を超えると急激に増加することがわかっています。 特に高齢者に多い誤嚥性肺炎は、お口の中の歯周病菌が、食べ物や唾液と一緒に気道下に入り込んでしまうことが原因の1つです。 食べ物をうまく飲み込めない、咳でむせてしまうなどの症状は、加齢によりどうしても起こりやすいものですが、誤嚥性肺炎の予防については歯周病予防も重要な鍵を握っています。
  • 心臓病のリスク
    太白区・東中田・菅野歯科医院・心臓病のリスク 細菌性心内膜炎とは、主にお口の中の細菌が引き起こす病気です。また、歯周病菌が心臓のまわりにある冠動脈に感染すると、動脈硬化が進行する可能性もあります。
    血圧やコレステロール、中性脂肪が高く心臓病になりやすい方は、歯周病に特に注意が必要です。
  • 妊娠中の方は
    低体重出産・早産のリスク
    太白区・東中田・菅野歯科医院・低体重出産・早産のリスク 女性ホルモンをエサにしている歯周病の原因菌が存在するため、妊娠すると歯周病にかかりやすくなります。
    また、妊娠初期はつわりの影響で十分にブラッシングができないことから、プラークが溜まりやすく、嘔吐するとお口の中で細菌が活性化しやすい「酸性」の状態になるため、さらにリスクを高めてしまいます。 歯周病に罹患している妊婦さんは、早産や低体重児出産のリスクが歯周病でない妊婦さんの約7.5倍もあり、タバコやアルコール、高齢出産などによるリスクよりも数字が高くなっています。

歯科医院のケアとは?

歯科医院でプロフェッショナルなケアを受けましょう

太白区・東中田・菅野歯科医院・歯石の除去
歯石の除去

歯や歯ぐき、歯ぐきの中(歯周ポケット)の歯石を専用の器具(スケーラー)を使って取り除き、清潔な口腔環境を取り戻します。 歯石を取り除いたからといって歯周病が治るわけではありませんが、悪化を防ぐことができます。

太白区・東中田・菅野歯科医院・ブラッシング指導
ブラッシング指導

普段のブラッシングを正しく行い、口腔内に残る歯垢(プラーク)を少なくすることができないと、歯周病は再発・悪化してしまいます。 そのため、ご自身の歯並びや磨き残しやすいポイントを抑えた適切なブラッシング方法で、ご自宅でも歯垢(プラーク)をできるだけ除去することが大切です。 歯周病を治したい方はブラッシングを頑張らなければ成果は出ないといっても過言ではありません! 患者さんのお口の状態に適切なブラッシング方法をお伝えしておりますので、頑張って取り組んでいきましょう。

ご自宅でのケアとは?

正しいケアで自分の歯を守りましょう

太白区・東中田・菅野歯科医院・正しいブラッシング
正しいブラッシング

歯科医院で教わったブラッシング指導のもとに、正しいブラッシングで歯周病の原因となる歯垢(プラーク)をできる限り除去していきましょう。歯ブラシだけで歯周病の原因である歯垢(プラーク)をゼロにすることは不可能ですが、せめて増殖を抑えられるようにすることが大切です。

太白区・東中田・菅野歯科医院・生活習慣の改善
生活習慣の改善

歯ブラシの回数やタイミングを変える、甘い物が好きな人は控えめにする、喫煙者の方は禁煙するなどといった生活習慣の改善も大切です。
特にタバコは歯周病の治療を妨げ、むしろ症状を進行させてしまいます。患者さんのライフスタイルを詳しく伺い、生活習慣の改善指導も行います。

最も大切な定期検診

患者さんと歯科医院、二人三脚で歯を守りましょう

むし歯や歯周病は、患者さん1人だけでは完璧に予防することはできません。
なぜなら自覚症状のないまま進行するむし歯・歯周病も少なくないからです。また、お口の中の状態は、日々の生活環境や加齢、ストレスなどによって変わるため、急に症状が出ることもあります。
お口の健康をしっかり管理するためには、定期的にきちんとプロの目で診ることが大切です。歯科医院と二人三脚で患者さんのお口を守っていけるように、ぜひ定期検診を受けていただければと思います。

太白区・東中田・菅野歯科医院・患者さんと歯科医院、二人三脚で歯を守りましょう
ページトップへ